BCLという趣味

当ブログに数年ぶりにコメントをいただきました。深く感謝します。
お返事を書きながら、最近ご無沙汰のBCLを懐かしく思い出していました。

このブログを始めた当時のロケーションは団地の地上7階、
学生時代にアクティブだったころはずっと向こうまで見渡せる丘の上でしたが、
現在は海抜10メートル以下の住宅地の真ん中の2階建て。何度かトライしていますが、
以前聞こえていた局がまったく入感しません。もう少しがんばりたいと思います。

さて、中学生という多感な時期にBCLを趣味とすることができて、
とても幸せだと思っています。そこで、
自分はどんな影響を受けたか、まとめてみたいと思いました。

○諸外国への興味、外国語

英語は今でも普通に読み書きできるぐらいの知識は残っています。
ヒアリングも昨年、通勤時に再勉強して、何とか分かるようになってきました。
技術職なので、最新の技術情報を取り入れる際に、とても役立っています。

中学以降も語学への興味は尽きず、しかし、どれもものになりませんでしたが、
フランス語、ドイツ語、スペイン語、ラテン語、ギリシア語などなど。

おおよその国の位置と公用語は、いまでも覚えています。

また、以前の記事で書きましたが、ペンパルもできた時期があり、
とっても素敵な時間を過ごすことができたと思います。

○アマチュア無線

最近始めたアマチュア無線も、もとは「月刊短波」の広告で知り、憧れました。
中学生以降、社会人になっても、ずーっと気になっていましたが、
近づくようでいて近づかず、離れるようでいて離れず、30年の時代を経て、
やっと免許取得に至りました。

このブログを始めた頃、苦手な電子工作にチャレンジしていました。
今になって分かるのですが、これもアマチュア無線の免許取得に至る
通過地点だったように思います。

○洋楽

Super Rock KYOIでやっていた、あんな曲、こんな曲・・・
木曜夜のVOAのヒットチャート。
土曜午後のFENのビルボードTOP40。

いわゆる、80年代ロック・ポップです。

当時のログブックを捨ててしまって、残念至極なのですが、
当時の記憶をたどって、久しぶりに思い出した曲があると、
YouTubeなどで、ビデオを検索しています。
80年代の隠れた名曲を妻にも聞いてもらい、一緒に楽しんでいます。

こんなふうに、BCLという趣味は、今の私の軸を作って、私自身に
大きな影響を与え続けてきたと思います。

最近は懐古趣味が芽生えてきまして、子供のころに憧れたものを
もう一度体験したいと思うことが増えました。

たとえば、BCLしかり、カメラも子供のころに広告で見て憧れた
フィルムのものを中古で入手したり、自転車もやはり子供の頃に
憧れたタイプを買おうかと考えていたり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

KYOIなつかしいですね。
最後の方では、放送中に「寄付してください」、って言ってたのを
思い出しました。
短波で音楽専門は厳しかったんだろうなぁ。

No title

Ezmさん、おはようございます。
寄付のお願い、放送していましたね。
当時、私は中学生、何のことだかまったく
分かりませんでしたが、Wikipediaで
KYOIの当時の状況など今読んでみて、
なるほどと思いました。