スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の宝物

DSCF1796_1.jpg

まだ全体的に紹介していないベリカードも含めて、
よくぞ残ってくれましたという感じです。

ご覧のとおりで、私はBCLブーム終焉期にBCLに目覚めました。
中学3年の時、1年ちょっと購読して、月刊短波の突然の休刊。

高校1年生当時に買った「ラジオ・モニタリング・ホビー」と
「ラジオライフ」1冊は「月刊短波以降」を模索して失敗した
証しでしょうね…

「WRTH」は、98年にNRD-545と一緒に買った年度落ちのものです。

当時のことがいろいろと思い出されて、なんだか切ないなぁと…
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://nonbiribcl.blog54.fc2.com/tb.php/35-1fe759f2

Comment

えの | URL | 2009.06.24 22:54 | Edit
はじめまして、wadayasuさん。
滋賀県の "えの" と申します。
昨日、wadayasuさんのブログを発見し、いろいろ懐かしく拝見しておりました。
私は30数年前の小学6年生くらいから中2くらいまででしょうか、BCLを楽しんでおりました。クーガ2200が受信機でした。
そのころの書籍・雑誌やログはすべて捨ててしまっており、手元にはありません。
最近は住宅事情や子育ての影響などで、ほとんどワッチしていないのですが、ブログ等でみなさんのご活躍を拝見するのが日課となっています。

またいつか、コメントを書かせていただきます。
がんばってください!!
wadayasu | URL | 2009.06.24 23:52 | Edit
えのさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

2200は最近、秋葉原の中古屋で初めて実物を
見ましたが、ホントかっこいいですね。
私は当時デジタル表示におびき寄せられ、
B30を買ったのでした。

私は毎日、ワッチというか、イージーリスニング
はしているのですが、受信状況を記事にできるほど
詳しく聞けていなくて、残念です…

これからもよろしくお願いいたします。
モッパー | URL | 2009.06.25 21:40 | Edit
はじめまして。モッパーと申します。

にほんブログ村方面から飛んできました。

私も30年前くらい前にプロシード2800で楽しんでました。

その後15年くらい経って ICF-SW1 を見て金縛りに合ってしまい気がついたらレジに並んでいましたが、結局趣味としては再熱せずに終わり、今は毎日子供達が ICF-SW1 で NHK 英会話聴いてますが、これだけの酷使に耐えていて感心します。

子供達にとっての電子・メカトロ工作系の趣味の衰退はこの20年間くらい激しかったですが、私のブログを見て頂ければ分かるような形で復活しつつあることに望みを感じます。でも無線はなあ... やると得るものは大きいのは理解しているんですが、子供達に再び興味を持ってもらうためには何をすれば良いんでしょうか ?
wadayasu | URL | 2009.06.25 23:27 | Edit
モッパーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

30年の時間は、2800が名機であることを証明しましたね。
B30は当時は最新だったのですが、現在では
保守しにくいなど、かなり不評ぎみ…(泣)

子供たちに無線に興味を持ってもらうためにどうするか?
あいにく我が家には子供がいないので、実例がないのですが、
うちの奥さんは機械音痴なのに、現地WEBサイトの
ストリーミングよりも、現地発売のCDよりも、
現地から直接聞こえてくる、ノイズ、フェーディング、混信
込みの短波放送に乗ってくる民族音楽を聞くのが好きなんです。
こんなアナクロ、アナログな感性が何か取っ掛かりに
なりそうな気がします。

今後ともよろしくお願いいたします。
Comment Form
公開設定

プロフィール

wadayasu

Author:wadayasu



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



本・書籍 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。