勉強部屋の移動

この自宅に来てから4年ほど、和室に座卓を設置して勉強していたのですが、胡坐や正座での体勢がきつく、集中力が続かないことがやっと自覚できたので、洋間のテーブルに移動しました。このテーブルは、妻が社会人になりたての頃に買って、これまでわが家のダイニングテーブルとして使用していたのを譲り受けました。私にとって、机タイプの勉強机は10年ぶりです。

テーブルのスペースも広く、Linuxも超高速になったし、かなりワクワクしています。

DSCF7295_01.jpg
スポンサーサイト

Dell Inspiron N5010をSSD化する

先月Ubuntuで蘇ったDell Inspiron N5010、ディスク関連のエラーが頻発し、fsckしまくりになってしまい、HDの乗せ換えを行おうと考えましたが、どうせならばSSDを載せることにしました。ネット上で詳しく交換方法を書いてくださったページも多くあり、とても助かりました。

SSDはCrucialの500GB。Amazonで17000円ぐらい。起動と終了を含め、すべてが速いです。

DSCF7294_01.jpg

Ubuntu17.04から17.10へ移行する

今まで使っていた12年前のノートPC(Lubuntu)がdist-upgradeで動かなくなってしまいました。8年ほど前に購入し、Windows10をインストールして、使い物にならなくなってしまったDellのInspiron15 N5010を妻から譲り受けたので、こちらをUbuntuにしました。
最初から公式サイトから最新のイメージをダウンロードして使えばよかったのですが、面倒がって、近所の本屋で初心者用のムックを買ってきて、17.04のブータブル+ISOのDVDを使ったので、いまひとつUbuntuのバージョン管理方法が分かっていなかった私は変な移行手順をしてしまい、土日ハマりました。以下の手順でやっと成功。

sudo apt-get updateで404エラーが出た場合は、/etc/apt/sources.list を以下のとおり修正。
(17.04はもうサポート終了しているので、old-releasesとなるようです)

ja.archive.ubuntu.com や security.ubuntu.com ⇒ old-releases.ubuntu.com

そして、sudo apt-get upgrade。完了後に、sudo do-release-upgrade で、17.10に無事移行完了。

スマカメ 話せる ナイトビジョン

妻が実家の状況を見守りたいという要望で購入しました。
使う前はかなり期待度が高く、「こんな値段で、実現できてしまうんだなぁ」と感心していました。
でも、実際に使ってみると、何か違和感が出てきました。

製品自体はよくできていると思います。
妻の実家は、ご両親がまだ元気なので、「監視している」「監視されている」感がとても強く感じられました。みんなが何か後ろめたい気分になってしまいました。しかし、もし仮に、ご両親が病気で寝込んでいて、というような状況ならば、「監視はいかがなものか?」などと是非を議論している場合ではないので、とても有効な機器と思います。


Amazonで買った格安SDRをWindows10で動かす

Amazonで送料込みで2000円弱のSDRを買いました。



1週間ほど前に買って、Linux(Lubuntu16.04)でトライしているのですが、何をしても動かず、カーネルのバージョンアップをしても動かず、もう諦めムード。平日、仕事から帰宅して、夕食後から就寝前まで家事をそっちのけで頑張っていて、すっかり寝不足です。ハードウェア不良を疑い、最後にWindows10で切り分けをしたところ、もうダメかと思った時、Windows10ではやっと動きました。

情報がほとんどなかったパターンだったので、備忘録を書いておきます。

・チップセットはRTL2832U OEM
・チューナーはFC0012

アプリは「SDR#」を選びましたが、これまた64ビット版は動かず、32ビット版で動かしました。

ドライバのインストールでも、かなりハマりました。多くのインターネットの情報では、zadig.exeのOptionsメニューで「List All Devices」を選び、「Bulk-In,Interface(Interface0)」を選ぶように書いてありましたが、私の場合は、その後のSDR#起動時にデバイスの認識ができませんでした。私は、「List All Devices」を選び、その下の「Ignore Hubs or Composite Parents」のチェックを外し、デバイスの選択プルダウンで「RTL2838UHIDIR(Composite Parent)」のような選択肢が現れたので、それを選択しました。「システムのドライバを書き換えようとしているけど、大丈夫か?」のような英語のポップアップが出て、OKしました。

以下は、インストールが成功してしまった後にキャプチャした画面なので、上の説明とはだいぶ違いますが、参考までに。

captured_2017-10-28_1-38-40_No-00.png

「Bulk-In,Interface(Interface0)」ではなく、「RTL2838UIHDIR」がUSBデバイスとして認識できました。

captured_2017-10-28_1-40-10_No-00.png

「rtl_test.exe -t」を実行してみると、チューナーのFC0012も認識できました。下のキャプチャでは「rtl_test.exe -t」を2回実行していて、出力されたデバイスのリストが、1回目は2件、2回目は1件出ています。1回目はUSBハブを介したものです。USBハブを介すと、電源の問題からか、動作が不安定になるようです。私は2回目の表示のように、USBハブは介さずに直つなぎをしています。

captured_2017-10-29_8-25-23_No-00.png

SDR#を起動すると、Deviceの欄にやっとFC0012とRTL2832Uが現れました。

captured_2017-10-29_8-24-35_No-00.png

そして、FMもきれいに受信できました。

captured_2017-10-29_8-23-39_No-00.png

Linuxはどうしようかな。あらゆる策を尽くしましたが、全然わかりません。